3D SCAN SERVICE(受諾サービス業務)

弊社ではCreaform HandySCAN BLACK ELITEを使用し、最も効果的かつ信頼できる方法で、どのような場所でも対象物の正確な3D測定を行うことができます。

3DSCANの概要


精度、信頼性、解像度

高速かつ多用途に用いることのできるハンディタイプ3Dスキャナーは、使いやすく、厳しい環境であっても、複雑な表面の対象物であっても、極めて精度の高い、再現性に優れた結果を得ることができます。

測定のセットアップの是非やユーザーの習熟度に関係なく、正確かつ高解像度、再現可能な結果が得られます。ダイナミックリファレンシング機能によって、測定中にスキャナー、対象物のどちらかがが動いても、正確で高品質なスキャン結果が得られます。

  • 精度
    0.025 mm
  • 容積精度
    0.020 mm + 0.040 mm/m
  • 以下に準拠した受け入れ試験:
    VDI/VDE 2634パート3
    ISO 17025認定ラボ
  • 細部まで鮮明な高解像度
  • フォトグラメトリシステム
    容積精度の最適化による高精度な大規模測定
自由な携帯性

出張によるスキャンサービスの受諾も可能です。
自動車バンパー、ボディのスキャン、測定など、自動車整備工場、車体修理工場、製品開発室など様々な現場においてスキャン測定が可能です。詳しい環境についてはお問い合わせください。

3Dスキャンの高度化を実現

複数のレーザークロスと単レーザーを備え、穴形状の測定が可能。ミッションハウジング、シリンダーブロックなどのメカニカル部品の測定が可能です。

SCANデータの受諾サービス


参考例

自動車産業 自動車部品の開発、エアロパーツの開発、メカニカル部品の測定、車体の歪み検査測定など、様々な部分において活躍します。

具体的な例:

・バンパー部及びその取付位置を3DSCAN→3Dデータを活用した独自のエアロパーツを開発

・エンジン形状を3DSCANし、取付部分の寸法、形状を抽出。

・車体の歪みを検査。保険会社の調査のエビデンスに活用


工業、生産業においては、専用の治具の設計に活用

・対象物を3DSCANによって3Dデータ化、サポート部材を3Dプリンターにより出力

・3Dデータのない製品を、3Dデータ化

・金型などの歪み、完成品の検査に活用

趣味、教育、医療、アート、様々な用途に活用

・フィギュアの測定

・粘土、彫刻物などを3Dデータ化

・自分だけの専用品の開発

3Dプリンターによる出力サービスも承ります。

参考費用

・小型部品、形状が複雑でない測定物は、数千円から対応可能

・自動車外装部品の表形状測定は、数万円から対応可能

・穴位置、測定、採寸など数千円から数万円ほどで対応

※測定対象物の大きさ、測定時間、採寸方法によって変わります。

・自動車の外装の形状を測定(小型車:前・横片面・後) 参考価格20−40万円

※部品の脱着を伴わないサーフェス形状のスキャンの場合(パネル数によって変動)

3Dデータ編集などのオプションと活用例


リバースエンジニアリングについて

・3DSCANによるSTLデータ抽出→3DCADによるソリッドモデルまたはサーフェスモデル作成

・3DSCANによる穴位置寸法を抽出

・3DSCANによる対象物とCADモデルの寸法差を確認

CADデータ編集について

3DCADを使用した編集作業は別途料金が発生致します。

詳しくは個別にお問い合わせください。